テクニカルインフォメーション Technical information

2017/12/27 ハッセルブラッド ファームウェア 1.20.0 アップデートのご案内

ハッセルブラッド ファームウェア 1.20.0 アップデートのご案内
ハッセルブラッドから、ファームウェア1.20へアップデートがリリースされましたのでご案内いたします。

1.20.0へ追加された新機能
•インスタントプレビュー機能やX1DのEVF使用時の撮影画像のブラウジング
•選べるクロップモード:クラシックで人気のX-Panの画角(65:24)など、クリエイティブな選べるクロップモード 。
•XHアダプター使用時のコントラスト オートフォーカスが、一部のHシステムレンズにおいて可能になりました。

1.20.0の新機能には以下が含まれます:
X1D: v1.20.0
•EVFでのプレビューや撮影画像のブラウジング
•選べるクロップモード: 1:1, 7:6, 5:4, 3:2, 3:2 cropped, 16:9, 2:1, A4, US Letter. クロップを選択していても、センサーの画角で画像は保存されています。
•2枚目のカードへのバックアップ保存
•EXIFタグの追加: レンズ情報
•水準器使用時に表示される情報の追加 (シャッタースピード、絞り値、ISO)
•タッチディスプレイ: EVFライブビュー時のズームイン
•タッチディスプレイ: HDMIで接続された画面上でフォーカスポイントを移動できる
•*XHアダプター使用時のコントラスト オートフォーカス
*以下のレンズでコントラスト オートフォーカスがご利用いただけます。HCD 4/28mm、HC 3,5/35mm、HC 3,5/50 mm、HC 3,5/50 mm II、HC 2,8/80 mm、HC 2,2/100mm

コントラスト オートフォーカスの使用には、レンズのファームウェアを19.0.2にあげる必要があります。
詳しくはこちら::https://www.hasselblad.com/x1d/firmware/

■ダウンロードはこちら
X1D FIRMWARE DOWNLOAD

H6D: 1.20.0
•ライブビュー時の選べるクロップモード
•2枚目のカードへのバックアップ保存
•EXIFタグの追加: レンズ情報
•水準器使用時の表示される情報の追加 (シャッタースピード、絞り値、ISO)

■ダウンロードはこちら
H6D FIRMWARE DOWNLOAD

2017/11/22 Capture One Pro 10.2.1 リリースのお知らせ

Capture One Pro 10.2.1 リリースのお知らせ
Capture One 10.2.1 がリリースされました。
最新 OS への対応、サポートカメラ、レンズ追加とバグフィックスされたサービスアップデートです。

サポート OS:
 - macOS 10.13.x High Sierra 対応
 - Windows 10 Fall Creators Update で調整が保存されない問題を改善

追加サポートカメラ:
 - Sony a7R III
 - Sony RX10 MkIV
 - Sony RX0

追加サポートレンズ:
 - Schneider RS 120mm iXG
 - Schneider RS 72mm iXG
 - Sony FE 100-400mm f/4.5-5.6 GM OSS (SEL100400GM)
 - Leica Summilux-M 28mm f/1.4 ASPH.
 - Leica Summicron-M 28mm f/2 ASPH.
 - Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH
 - Leica Summicron-M 35mm f/2 ASPH
 - Leica Noctilux-M 50mm f/0.95 ASPH.
 - Leica Noctilux-M 50mm f/1 ASPH
 - Leica Summilux-M 50mm f/1.4 ASPH
 - Leica Summarit-M 50mm f/2.4
 - Leica APO-Summicron-M 75mm f/2 ASPH
 - Leica Summarit-M 75mm f/2.5
 - Leica APO-Summicron-M 90mm f/2 ASPH.
 - Leica Summarit-M 90mm f/2.5
 - Leica Apo-Telyt-M 135mm f3.4 ASPH

ダウンロードはこちらから
https://www.phaseone.com/ja-JP/Download.aspx

2017/05/12 Capture One Pro 10.1リリースのお知らせ

Capture One Pro 10.1リリースのお知らせ
Capture One Pro 10.1がリリースされました。新機能追加と機能改善が含まれたサービスリリースです。

•PSDファイル表示をサポート: Capture One と Adobe Photoshopで簡単にファイルを受け渡しができるようになり、Capture One ワークフローからPhotoshopの処理に切り替えることができます。
•X-Transファイルサポートの改善: 富士フイルムカメラのユーザーのために刷新されたRAW処理プロセスにより、これまで以上にX-Transファイルを柔軟に調整・加工することができます。
•新しいマスターリセット機能により、前後の画像表示操作がより手早く簡単になりました。
•スタイルワークフローの強化:スタイルツールのユーザーインタフェース刷新により、スタイル選択を簡単かつスピーディーに設定できます。
•トークンに対応したウォーターマークは、現像と印刷の両方で(例えばコンタクトシートのファイル名に基づいて)画像固有のウォーターマークが可能になりました。
•カラーホイールでベクトルスコープ方向が使用できるようになりました 。
•AppleScriptの対応が強化され、Macユーザーはより効果的に作業を自動化することができます。

新たに以下のカメラがサポートされました。
 - Pentax K-70
 - Pentax KP
 - Panasonic GH5
 - Nikon D5600
 - Nikon D3400
 - Fuji X-Pro 2
 - Fuji X-T20
 - Fuji X-A10
 - Fuji XQ2
 - Panasonic TZ85 ZS60 TZ80
 - Panasonic TZ100 ZS100 TZ101
 - Panasonic FZ2000/FZH1
 - Panasonic GX8

新たに以下のレンズプロファイルが追加されました。
 - Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
 - Nikon 1 Nikkor VR 6.7-13 mm F/3.5-5.6
 - Nikon AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
 - Nikon AF-S NIKKOR 70–200mm f/2.8E FL ED VR
 - Panasonic Lumix G X Vario 35-100mm F2.8
 - Sigma 24mm F1.4 DG HSM | A #401
 - Sigma 50-100mm F1.8 DC HSM | Art #693
 - Sigma 85mm F1.4 DG HSM | A #321
 - Sony DT 55-200mm F4-5.6 (SAL55200)
 - Sony DT 55-200mm F4-5.6 SAM (SAL55200-2)
 - Sony E 18–200 mm F3.5-6.3 OSS (SEL18200)
 - Sony FE 100mm F2.8 STF GM OSS (SEL100STFGM)
 - Sony FE 85mm F1.8 (SEL85F18)
 - Sony Vario-Tessar T* FE 16–35 mm F4 ZA OSS (SEL1635Z)
 - Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
 - Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
 - Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2
 - Zeiss Distagon T FE 35 mm F1.4 ZA (SEL35F14Z)
 - Zeiss Loxia 2.4/85 (E-mount)
 - Zeiss Milvus 2/135 (ZE-mount)
 - Zeiss Otus 1.4/28 (ZE-mount)

その新機能と強化された機能は以下のとおりです。

PSDファイルの読み込みをサポート
 - Capture One Proでは、PSDファイルをビューアに表示して、PSDファイルを編集するフロントエンドとして活用できます。PhotoshopでPSDを編集・保存し、Capture Oneで互換性を保ったまま表示できます。詳細情報はリリースノートを参照してください。

削除機能
 - 画像削除が変更され、新しい機能が追加され、選択から削除のプロセスで制御機能が向上しました。
 - 旧バージョン同様、アルバムにおける「削除」は、コレクションから選択したバリアントを削除します。
 - カタログゴミ箱(新機能)に移動 - コレクションから削除し、リンクされている画像をカタログ/セッションゴミ箱に移動します。 これはカタログのアルバムを整理したり、オリジナルファイルを同時に削除する場合に便利です。
 - 旧バージョン同様、ディスクからの削除でアプリケーションからファイルが削除され、オリジナル画像は(確認ボックスで承諾後)ディスクから完全に削除されます。

刷新されたX-transサポート
 - フジX-transセンサーカメラのユーザーは、Capture One独自のツールを更に活用できるようになりました。LCC、色収差解析、パープルフリンジ除去ツールなどは、すべてワークフローで使用できるようになりました。
 - X-transファイルでもOpenCLがサポートされるようになりました。
 - Capture One 10.1はフジ X-transの圧縮RAWファイルをサポートしました。

•ビフォア・アフター - Altキーを押しながらマスターリセットアイコンをクリックすると、調整前後のRAWファイルをスピーディーに確認できます。

•スタイルツールのUIは刷新され、多くのスタイルコレクションや、スタックされたスタイルコレクションをメニューで簡単にプレビューできます。

トークンウォーターマーク
 - 好評いただいているトークンがウォーターマークツールに採用されました。 数回クリックするだけでファイル名などのウォーターマーク動的に作成できます。また、他のツールと同様にトークンはテキストと組み合わせることもできます。 この機能は、印刷時のウォーターマークでも使用できます。
 - ウォーターマークのテキストのクオリティが向上しました。これは特に小さいファイル出力で確認できます。

カラー調整のベクトルスコープ・カラーホイール
 - カラーホイールをビデオグレーディングアプリケーションで業界標準となっている「ベクトルスコープ」レイアウトに変更できます。

AppleScript
 - 多くの機能がスクリプティングディクショナリに追加され、パワーユーザーは新しい自動化
を組むことができます。 追加・改善された機能は以下のとおりです。
 - キーワードのインポート、バッチ リネーム/バッチ カウンター、現在のコレクション、次のキャプチャー調整(構成)、カウンター出力、選択、カメラコントロール、ライブ表示の停止、フォルダ同期、調整クリップボード(コピー/ペースト)、ロギング/エラーメッセージの改善

•OpenCL UX初期化プロセスが改善され、環境設定上でステータス/結果/トラブルシューティングのヒントが表示されます。

■ダウンロードはこちら(phaseoneのページが開きます)
https://www.phaseone.com/ja-JP/Download.aspx
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
2018年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
営業時間
平日9:30~18:30
定休日
土日祝日及び年末年始・夏季・弊社休業日
  • メルマガ登録
  • 資料請求はこちら - お気軽にお問い合わせください
  • 株式会社テイク - CORPORATE SITE
  • TAKE Creative Studio Production - スタジオ設計・施工
  • TAKE FACEBOOKページ

  • GearHouse - 撮影機材・バックドロップのレンタル
  • TOV JAPAN
お支払い方法
配送について
通常、ご注文日、もしくはご入金確認日より5営業日以内に発送いたします。
※年末年始など、休業日が連続する場合は発送に日数がかかる場合もございます。

■海外への配送
海外へのお届けは取扱っておりません。ご了承ください。
送料について
32,400円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料!! 32,400円(税込)以下の場合は1,080円(税込)となります。
※商品によっては、32,400円(税込)以下でも送料無料の場合がございます。
返品について
購入商品の返品・交換については、条件がございます。
また、お客様のご都合による返品・交換の場合は、その際の送料はお客様のご負担とさせていただきます。