テクニカルインフォメーション Technical information

2019/07/26 キヤノン EOS/PowerShot最新ソフトウエア公開のご案内

下記の対象ソフトウエアにおきまして、最新版が公開されましたのでご案内いたします。

■対象ソフトウエア
Digital Photo Professional 4.10.40
Picture Style Editor 1.22.40
Image Transfer Utility 2.2.10
Picture Style File Registration Tool 1.0.0
_________________________________________________
Digital Photo Professional 4.10.40

■変更内容
・PowerShot G5 X Mark II、PowerShot G7 X Mark IIIに対応

▼詳しくはこちらをご覧ください。
Windows版 https://entry1.canon.jp/nn/?d=42yuu&c=uhk63u
Mac OS X版 https://entry1.canon.jp/nn/?d=12yuv&c=uhk63u

※ダウンロード時にカメラのシリアルNO.の入力が必要になります。
_________________________________________________
Picture Style Editor 1.22.40

■変更内容
・PowerShot G5 X Mark II、PowerShot G7 X Mark IIIに対応

▼詳しくはこちらをご覧ください。
Windows版 https://entry1.canon.jp/nn/?d=82yuw&c=uhk63u
Mac OS X版 https://entry1.canon.jp/nn/?d=52yux&c=uhk63u
_________________________________________________
Image Transfer Utility 2.2.10

■変更内容
・PowerShot G5 X Mark II、PowerShot G7 X Mark IIIに対応

▼詳しくはこちらをご覧ください。
Windows版 https://entry1.canon.jp/nn/?d=12yuy&c=uhk63u
Mac OS X版 https://entry1.canon.jp/nn/?d=82yuz&c=uhk63u
__________________________________________________
Picture Style File Registration Tool 1.0.0

■新規
・オリジナルピクチャースタイルファイルをカメラに登録します。

■対象機種
PowerShot G5 X Mark II、PowerShot G7 X Mark III、PowerShot G7 Mark II、
PowerShot G9 X Mark II、PowerShot G1 X Mark III

▼詳しくはこちらをご覧ください。
Windows版 https://entry1.canon.jp/nn/?d=52yv0&c=uhk63u
Mac OS X版 https://entry1.canon.jp/nn/?d=22yv1&c=uhk63u

2019/01/29 ハッセルブラッド X1D-50c ファームウェアアップデート 1.22

ハッセルブラッド X1D-50c ファームウェアアップデート 1.22
ハッセルブラッドX1D-50c用の新しいファームウェア1.22がダウンロード可能になりました。最新のXCDレンズ、XCD 65、80、および135(Xコンバーター1,7を含む)のサポートに加え、レンズの最新ファームウェア0.5.33と共にX1D-50cミラーレス中判カメラの数々の細かな改良点も含まれています。

最新レンズのサポート
X1D-50cが対応するレンズのラインナップにXCD 2,8/65とXCD 1,9/80、XCD 2,8/135が追加されました。レンズのファームウェアは0.5.33にアップデートする必要があります。

新しい露出ブラケットオプション
長時間露光でのカメラぶれを回避するために、イニシャルディレイを設定できるようになります。

ライブビューでのフォーカスリミット設定の表示
近距離、遠距離またはフルのフォーカスリミットが設定できるレンズでは、近距離または遠距離設定のときにライブビューにアイコンが表示されるようになります。現在のところXCD 120とXCD 135の2本のレンズが対応します。

メインメニュー画面のアイコンのカスタマイズ
メインメニュー画面のショートカットアイコンをドラッグアンドドロップして再配置できます。

新しいカスタムボタンオプション
新たに3つのカスタムボタンオプションが利用可能になりました。「ライブビュー オン/オフ」、「近接側へフォーカス(最短撮影距離)」、そして「フォーカスリミット」です。

新たなセルフタイマーオプション
セルフタイマーのカウントダウンの際、前面のLEDの点滅を消せるようになります。

HC/HCDレンズのコンバーター/エクステンションチューブ利用時のAF対応
対応するHC/HCDレンズをXHレンズアダプターを介した際、Hシステムの特定のレンズアクセサリー(エクステンションチューブやアダプターを含む)を使用したときにもオートフォーカスが有効になります。

ライブビュー時のフォーカスポイントの中央復帰
ライブビュー時に×ボタンを押すことで、移動させたフォーカスポイントが中央に復帰します。

ファームウェアはこちら

2018/12/17 ハッセルブラッド Phocus 3.4 アップデート

ハッセルブラッドが無料で提供する現像ソフトウェアPhocusの最新アップデートでは、よりバラエティに富んだポストプロダクションが可能となりました。
最新のアップデートには以下が含まれます。

強化された黒つぶれ軽減と白とび軽減
黒つぶれ軽減と白とび軽減オプションが大幅に進化しました。これらにより、フォトグラファーは画像に記録されたダイナミックレンジを最大限活用することができます。以前に修正された画像との互換性を保持するため、以前のインターフェイスもバージョンのオプションから選択可能です。

調整レイヤーツールの拡張
ブラシツールまたはグラデーションツールを使用した補正で、黒つぶれ軽減および鮮明度も項目に加わり、このツールがさらに使いやすくなりました。

ディテールスライダー
新たに追加されたディテールスライダーは、鮮明度が画像の細かいディテールに影響を与える程度をコントロールします。鮮明度ツールと組み合わせて使用すると、ディテールスライダーは、コントラストをより微妙に調整し、ユーザーがより細かく画像を仕上げることが可能となります。

ライブビューの絞りオプション
テザー環境で撮影するユーザーのために、新しいライブビューの絞りオプションでは、絞りを開放にするか、またはカメラでセットした絞り値にするかを選択できます。スタジオでストロボを使用して撮影する場合に特に便利です。

進化したノイズフィルター
ノイズフィルターツール内に追加されたオプションは、他社製の広角レンズや極端なチルト・シフトを使用したときに望ましくないパターンが表れる画像を補正します。

新しいXCDレンズのレンズプロファイル
Phocus 3.4では、発表済みのXCD 2,8/65、XCD 1,9/80、XCD 2,8/135およびXコンバーター1,7のレンズ補正プロファイルも追加しています。

サンプル画像を見る & PHOCUS 3.4をダウンロードする
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
営業時間
平日9:30~18:30
定休日
土日祝日及び年末年始・夏季・弊社休業日
  • メルマガ登録
  • 資料請求はこちら - お気軽にお問い合わせください
  • 株式会社テイク - CORPORATE SITE
  • TAKE Creative Studio Production - スタジオ設計・施工
  • TAKE FACEBOOKページ

  • GearHouse - 撮影機材・バックドロップのレンタル
お支払い方法
配送について
通常、ご注文日、もしくはご入金確認日より5営業日以内に発送いたします。
※年末年始など、休業日が連続する場合は発送に日数がかかる場合もございます。

■海外への配送
海外へのお届けは取扱っておりません。ご了承ください。
送料について
32,400円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料!! 32,400円(税込)以下の場合は1,080円(税込)となります。
※商品によっては、32,400円(税込)以下でも送料無料の場合がございます。
返品について
購入商品の返品・交換については、条件がございます。
また、お客様のご都合による返品・交換の場合は、その際の送料はお客様のご負担とさせていただきます。