Elinchrom(エリンクローム) Feature brand

Elinchrom(エリンクローム)

Elinchrom(エリンクローム)は、世界中で大人気のストロボブランドです。
株式会社テイクは日本における正規総輸入元および総発売元です。
Elinchrom(エリンクローム)について
1962年より、Elinchrom(エリンクローム)は50年以上に渡る革新から描かれる世界で最も運びやすいスタジオフラッシュを生産しています。Elinchrom(エリンクローム)は、幅広い多様な商品を生産しています。

スイスのレマン湖(英語名:ジュネーブ湖)岸のルネに本社を置き、エントリーレベルのD-Lite RX ONEからフル機能のELC Pro HDや最もポータブル且つ多彩なアウトドアストロボ(フラッシュ)ユニットの新ELB 400まで、全写真家のニーズをカバーする幅広い商品ラインと共に革新的なストロボを提供し続けます。
Elinchrom(エリンクローム)のキャンペーン
Elinchrom(エリンクローム)製品一覧
Elinchrom(エリンクローム)ブログ
ダウンヒルストーリー
写真の高度な技術は、これまで想像していただけのイメージを作り出すことです。初期のカメラマンは、ELB400でダウンヒルスケートボードを夢見ることさえできませんでした。
ストーリーの続きはこちらから
Elinchrom(エリンクローム)の歴史
50年の革新
1962年より、Elinchrom(エリンクローム)は50年以上に渡る革新から描かれる世界で最も運びやすいストロボ(スタジオフラッシュ)を生産しています。
1960-1970 Elinchrom(エリンクローム)初期
1962年 1962年、ベネズエラで電気会社の創業をしたゲリー・ドミエヴィルがスイスに移動しElinca(現Elinchrom(エリンクローム))というストロボ製造会社を形作る。
1964年 ドイツのコロンで開催される展示会、Photokina初出展。初代ポータブルユニットのP1(重さ16kg、電力600W)を発表。
1968年 Elinchrom(エリンクローム)は細かく且つ、フォーカスされたライティングをP1のスモールフラッシュヘッドで提供、商品の幅を広げる。
1970年 1970年にElinchrom(エリンクローム)は、パワーパックの新コンセプト“さらに運びやすく”を1000Wの蓄積電力、Quantaで実現。
1971年 そして、P1は充電時間の早さに秀でたCadet 500の台頭で引退。
1975年 写真家にかけがえのない画像をコピーすることを可能にしたDia-DuplicatorとPhoto Repro Benchの登場。
1978年 1978年、新パワーパックシリーズを3つの異なる商品で発表。ランプヘッドの新ジェネレーションでElinchrom(エリンクローム)の商品ラインを完成。
1980-1990 会社の変化と新たなストラテジー
1983年 初代ラジオコントロール型トリガーシステムの導入
1985年 1985年にElincaの創始者が他界、マルコム・D・ホイットルが会社を引き継ぐ。
1986年 軽量で早い新パワーパックのEL 50(500Wのコンパクト型)とEL101 Rapidを発売。
1990-2000 クラシックユニットの進化と強固な機材の開発
1990年 1990年、Elinchrom(エリンクローム)はパワーパックにマイクロアシンメトリーの導入を始める
1998年 Elinchrom(エリンクローム)は第三範囲のライトウェイトパワーパックとして、Chic 1(1200W)とChic 2(2400W)が低価格ランプヘッドをセットになって登場。
2000-2010 次の1000年に続く、新たなパートナーシップと商品改革
2002年 Elinchrom(エリンクローム)は、初のバッテリー式のフラッシュユニット、Free Styleパワーパックを世界に送り出す。強く頑丈なデザインが、ユニットを水や泥に耐えられるようになり、アウトドア写真家にとってパーフェクトなセットアップとなる。
2005年 ケーブルなしでのElinchrom(エリンクローム)ユニットの操作とセッティングを可能にした、EL-Skyportワイヤレスラジオリモートシステムの発表。
2006年 コンパクト型の新ラインD-Liteシリーズが、セミプロ写真家向けに展開。
2008年 エントリープロフェッショナル向け、BxRi 250/500の登場。
2009年 Range Quadra Battery Power Packが、市場の他商品と比べ物にならない、非常にパワフル且つ頑丈なユニットとして紹介される。
2012年 1月26日にElinchrom(エリンクローム)は50周年記念を迎える。
2013年 12月30日にElinchrom(エリンクローム)オーナー兼CEOのマルコム・D・ホウィットルが他界。息子のクリス・ホウィットルが引き継ぎ現在に至る。
2015年 Elinchrom(エリンクローム)は市場で最も革新的、多彩、且つポータブルな撮影機材の生産への献身をスローガン “Living Light” で発表。

Elinchrom(エリンクローム)は、現在も世界で1番売れているストロボ(グリップフラッシュを除く)であり、もっとも使われているストロボフラッシュであります。
株式会社テイクは日本における正規総輸入元および総発売元です。
Elinchrom(エリンクローム)製品資料
カテゴリ一覧
営業日カレンダー
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
営業時間
平日9:30~18:30
定休日
土日祝日及び年末年始・夏季・弊社休業日
  • メルマガ登録
  • 資料請求はこちら - お気軽にお問い合わせください
  • 株式会社テイク - CORPORATE SITE
  • TAKE Creative Studio Production - スタジオ設計・施工
  • GearHouse - 撮影機材・バックドロップのレンタル
  • TOV JAPAN
お支払い方法
配送について
通常、ご注文日、もしくはご入金確認日より5営業日以内に発送いたします。
※年末年始など、休業日が連続する場合は発送に日数がかかる場合もございます。

■海外への配送
海外へのお届けは取扱っておりません。ご了承ください。
送料について
32,400円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料!! 32,400円(税込)以下の場合は1,080円(税込)となります。
※商品によっては、32,400円(税込)以下でも送料無料の場合がございます。
返品について
購入商品の返品・交換については、条件がございます。
また、お客様のご都合による返品・交換の場合は、その際の送料はお客様のご負担とさせていただきます。